今は停止中だけど個人的には一番使いやすかったCoincheck(コインチェック)取引所

紹介する前にあたり一言

2018年1月26日、国内No1取引量をうたうコインチェックから、5億2300万XEM(日本円に換算して約580億円)がハッカーにより不正送金されました。被害者は26万人。私もその一人です。幸いにも日本円は2月14日に出金することはできましたが、保有する仮想通貨は取引することもできず、強制ガチホにより日々資産が目減りしていく日々を送っています。ざっと言って資産は既に元本の 1/2 を割っていてツラミしかありません。

そんな状況ではありますが、Coincheckは私が仮想通貨に入門したときから使ってきた取引所であり、初心者には一番使いやすい取引所であることは間違いないと今でも確信しています。色々批判がある状況ではありますが、サービス運営態勢を是正し、資本も増強し、会社としてより健全な状態を再構築した上で、近い将来、事業を再開すると推測しています。そんなわけでCoincheck取引所についても紹介しておこうと思った次第です。

Coincheck(コインチェック)取引所の特徴

国内取引所の「Coincheck(コインチェック)」についてご紹介します。

Coincheck(コインチェック)はみなし取引所の一つです。特徴を3つあげるとすれば、①手数料は高いけど初心者にもっとも優しい取引所、②国内取引所で取り扱いアルトコインが最多、③スマホアプリとヴィジェットが見やすいということです。

手数料は高いけど初心者にもっとも優しい取引所

私がCoincheckを選んだ最大の理由が、一番使いやすそうだったからです。今でこそ様々な取引所を使うまでになりましたが、今考えても最も手軽に仮想通貨を買うことができるのは間違いなくCoincheckと断言できます。

私は仮想通貨取引を初めて3ヶ月くらいは販売所と取引所の違いすら理解しておらず、Coincheckの販売所で通貨を売買するスタイルでした。様々なブログで販売所で手数料を払って通貨を買うのはバカらしいのでヤメようという文言を目にしますが、私は初心者の方こそ、最初は手数料を払ってでも簡単に販売所で少額のコインを購入してみるスタイルが良いと考えています

理由は簡単、取引が簡単でかつ気楽だからです。知識が付いてきたら取引所での取引にステップアップするのが宜しいかと考えています。今は全通貨の売買がビットコインFXを除いて取引停止中ですが、基本的には以下のような画面で欲しい通貨をほしい分だけ指定するスタイルです。合計○○円と表示されるので、予算1万円であれば、1万円近くになる数量を指定すれば良いだけです。価格はもちろん秒単位で上下しますので、チャートを見ながら少しでもオトクな条件で売買するようにしましょう。

ちなみにCoincheckは手数料が高いという言葉をよく見かけますが、今の国内取引所のアルトコインの手数料を考えてみると、むしろ良心的な手数料だったとも思えます。bitFlyerなんかはLSK(リスク)やETH(イーサリアム)のスプレッド(売買価格差)は常に10%を超えていて売買する気すらおきませんが、Coincheckは概ね売買価格差をスプレッドとして換算すると7〜10%程度です

スプレッドを可視化するツールについての記事も書きましたが、Coincheckのサイトがリニューアルする前の見た目のキャプチャで説明すると、以下のような感じです。例えばビットコインを例に取ると、買うときは本来価格から0.53%の手数料がかかり、売るときには0.63%の手数料がかかるという意味になります。買って売ることを考えると、概ね1.2%程度の手数料なのでスプレッドは1.2%と置き換えることができます。手数料は時々刻々と変化しており、基本的に暴騰・暴落といった値動きが激しいときに手数料が上がる仕組みがとられています。思い返せばBCHの手数料が異様に高かったですね。

手数料が7%ほどあるということは、利益を出すには基本10%以上値上がりする必要があります。経験則的には15%を超えたら売りを考えるというスタイルをとっていましたが、2017年度は基本的には上昇傾向にあったため、ガチホで一度買った通貨は持ち続けるのが一番儲かる戦略でした。

前述しましたが、これら手数料が惜しくなってくる様になってきたら初心者卒業です。販売所を卒業して取引所で板を通じたトレードにチャレンジしてみましょう。

国内取引所で取り扱いアルトコインが最多

Coincheckの取り扱い仮想通貨数は国内最多です。中でもCoincheckでしか取扱のない匿名系の通貨が多いのが特徴です。匿名系の通貨はしばしば他の通貨と異なる値動きをするため、基本的に全通貨を分散して保持していると、全体では結果的にプラスになり資産が増え続ける傾向がありました。

今ではBTC, XRP, NEM, BCHは他の取引所で保有していますが、それ以外の通貨は全てCoincheckで保有しています。もっとも今は動かすことができず強制ガチホを強いられているのですが、基本的には全通貨を保有しているときのほうが儲かる傾向になったため、今でもほぼすべての通貨を保有するスタイルを貫いています。

ただ最近、金融庁がみなし業者となっている取引所に期限を設け、一定期間を経ても安全管理体制が基準を満たさない場合は登録を拒否し、事業を続けることができなくする指針を発表しました。その流れを受けて、Coincheckは必ず認可取引所と認定されるべく動くと推測され、匿名系通貨はその時点で取引停止(上場廃止)になるんじゃないかな?と個人的には考えております。

したがって取引が再開されたら匿名系通貨はbinanceに送金して避難させようと考えているのですが、送金が先か、上場廃止が先か、現時点では不透明なままです。

スマホアプリとヴィジェットが見やすい

現時点で販売所としての機能は失っていますが、今でも仮想通貨の価格チェックを行うのはCoincheckのアプリだったりします。何と言ってもヴィジェットがまず見やすい。今や価格は他の取引所の10%引きな価格帯で価格情報としては正確ではありませんが、物凄く視覚的にわかりやすいです。チャートもテクニカル分析もなにも表示できない超シンプルなチャートなのですが、ピンチイン・ピンチアウトで非常にスムーズに時間軸を変更しながら縮小・拡大できますし、何より見やすいです。

いろいろなブログやツイートを見ていても、未だにCoincheckのキャプチャの方々も多いことを見るに、みんな使いやすいんだなと思います。

 

残念なのは、スマホアプリでは販売所の機能しか存在しないことです。スマホでビットコインFXしたい場合はブラウザからCoincehckのサイトにアクセスする必要があります。販売所の売買で物足りなくなった3ヶ月後からCoincheckでビットコインFXをするようになりました。私は販売所での購入もFX取引も含め、ほぼ全ての取引をスマホでやっていました。ちなみに下の画面の左がブラウザでのビットコインFXの画面、右がアプリでのコイン売買の画面です。アプリがFXに対応してくれたら神がかったアプリだったんですけど、この時点では手数料がおいしいので敢えて非対応を貫いていたと推測しています。業務再開にあせて改善して欲しい項目のひとつですね。

運営会社の概要

社名 コインチェック株式会社
設立年月 2012年8月
資本金 9,200万円
本社所在地 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F

取り扱い仮想通貨

Coincheckは販売所と取引所があります。また販売所か取引所かで取扱通貨が異なります。取引所と販売所の違いはこちらで確認してください

販売所で取り扱うメジャーアルトコインの種類は国内最多です。加えて国内で唯一XMR, ZEC, DASHといった匿名系通貨の取扱がある取引所でもあります。

取引所 販売所
BTC BTC,ETH, ETC, LSK, FCT, XMR, REP, XRP, ZEC, XEM, LTC, DASH, BCH

各種手数料

Coincheckコインは新規建玉のスワップ手数料がかかる以外の取引手数料が無料です。
手数料はこちらの情報をもとに作成しています。

仮想通貨の取引手数料

手数料は下記の通りスワップ手数料以外は全て0%です。加えて現物取引もビットコインFXも同じ板での取引となり、購入価格と売却価格の差額(スプレッド)も存在しないのがCoincheckの取引所としての特徴です。これら理由から私はビットコインFXの主戦場をCoincheckに決めて使い続けてきました。
※表が横に長いのでスマホの場合は横にして見てください。

通貨ペア

販売所 FX取引
ロング ショート
取引手数料 0% 0%
スワップ手数料 /日 約定金額(JPY) x 0.04% 約定数量(BTC) x 0.05%
主要通貨 指値/成行
BTC/JPY
ETH/JPY
ETC/JPY
LSK/JPY
FCT/JPY
XMR/JPY
REP/JPY
XRP/JPY
ZEC/JPY
XEM/JPY
LTC/JPY
DASH/JPY
BCH/JPY
※BTC取引も可
変動手数料
7〜10%程度
BTC/JPY 0%

レバレッジと追証

FX最大の特長と言えばレバレッジです。レバレッジとは、取引保証金を担保として実際にあるお金の何倍もの金額で取引を行うものです。したがって勝てば大きな利益を得ることができますし、負ければ大きな損失を出すことになります。ここで重要なのが利確のタイミングとロスカットのタイミングです。これは別の機会にまとめるとして、もう一つ重要なのが追証の有無です。海外の外貨取引所では利用者保護の観点から追証なしの場合が多いですが、仮想通貨の世界ではまだまだ追証ありの取引所も多いのが現状です。ちなみにCoincheckは安心の追証なしですが、ロスカット時の不足金は請求されます

レバレッジの倍率が5倍と他の取引所と比較して低めです。個人的には利用者保護を考えた倍率設定であり好意的に捉えています。

最大レバレッジ 追証の有無 ロスカット
5倍 なし 証拠金の50%

追証(追加証拠金)についての説明

信用で買建てた銘柄の値下がり、または、売建てた銘柄の値上がりによって出る建玉の含み損や、担保の値下がりによる担保価値の低下などにより、担保(保証金)率が一定の比率(最低維持率)を下回った場合、定められた期日までに追加で担保(保証金)を預け入れる必要があります。 これが追加保証金、いわゆる「追証」です。

日本円の入出金手数料

コンビニ入金、クイック入金、ドル入金の手数料は割愛します。詳細はこちらをご確認ください。

日本円入金
銀行振込 顧客負担
出金
日本円の銀行振込 400円
BTC送金手数料/出金 0.001BTC

セキュリティ

公式サイトの情報読み取れる範囲内でセキュリティー対策の一覧表を作ってみました。明確な記載がなかったりしていて正確に読み取ることは困難もあり、必ずしも下記一覧表が正しい情報ではない可能性もありますことをご了承ください。

国内取引所の中ではセキュリティーが高い取引所とされてきましたが、蓋を開けてみたら脆弱でした。事業再開となるときにはセキュルティーは業界トップのレベルに持ってくるのでは?と推測しています。そうでないと認可も降りないでしょう。

顧客資産
分離管理
コールド
ウォレット率
マルチシグ 2段階認証 情報源
完全分離? o?
(NEM流出)
x
(NEM流出)
o 情報源

メリット・デメリット

おもにメリットとファクトを中心に書いてきましたが、普段使ってきて感じているこを踏まえて、Coincheckのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 手数料は高いけど初心者にもっとも優しい取引所
  • 国内取引所で取り扱いアルトコインが最多で匿名系通貨が購入できる唯一の国内取引所
  • スマホアプリとヴィジェットが抜群に見やすい(高機能という意味ではない)
  • 他の取引所と比較してシステムの動作が軽い(取引が詰まることはほぼない)
  • 現物取引とFX取引が同じ板で取引がシンプル
  • ビットコイン現物取引はすべての手数料が無料
  • APIが充実しておりWebSocketによるゼロ遅延のリアルタイム取引データの受信が可能

デメリット

  • NEM盗難事件で全ての信用を失った
  • 現時点では新規登録も通貨取引も停止。稼働しているのはビットコインFX&現物取引のみ
  • 販売所の手数料が高い(他の国内取引所とほぼ同等)
  • 最大レバレッジが5倍と低い(と感じる人は多いはず)
  • 追証あり

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おすすめの取引所ランキング

ビットコインの取引手数料が驚きのマイナスはZaifだけ!

Zaifでビットコインを取引すると、手数料がかかるどころかビットコインが逆に貰えちゃいます。マイナス手数料はどこ探してもZaifだけ。登録して損はないでしょう。


世界最高峰と言われる本格的なFXトレードツールMT4が無料で使える!

世界最高峰のFXトレードツールを使ってビットコインやリップルのチャート分析が可能。エキスパートアドバイザー使って自動売買のプログラミングにチャレンジしてみよう!

仮想通貨

アルトコイン含め全ペアの取引手数料が無料なのはbitbankだけ!

XRP、ETH、BCHなどのメジャーアルトコインの取引手数料が無料、顧客資産は100%コールドウォレット管理と業界随一のセキュリティーの高さが売りのbitbank。安心感が違います。