リップルなどのアルトコインを売買するなら手数料無料のbitbank(ビットバンク)を絶対使うべき

bitbank(ビットバンク)取引所の特徴

国内取引所の「bitbank(ビットバンク)」についてご紹介します。

bitbankは認可取引所の一つです。特徴を3つあげるとすれば、①XRPなどのメジャーアルトコインの取引手数料が無料、②すべての通貨が取引所での売買、③業界随一のセキュリティーの高さということです。

①XRPなどのメジャーアルトコインの取引手数料が無料

執筆現時点では「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」が2018年3月31日まで延長されたため、メジャーアルトコインの取引手数料が無料です。私の予想としては手数料無料キャンペーンはbitbankの最大のメリットとして輝いているので、まだまだ暫く続くと考えています。

②すべての通貨が取引所での売買

何を隠そう、私自身も初めて数ヶ月の間はcoincheckの販売所で仮想通貨を購入していました。理由は「板(売買の場)」を通じてトレードするのがなんとなく怖かったからです。ある日、coincheckの手数料の高さゆえに全然利益がでないどころか、売買する度に損していることに気が付きました。

coincheckの場合、売買に3〜5%の手数料がかかります。酷いときは手数料10%なんて時もありました。ここでは手数料4%として例をあげてみますね。

  • XRPが1コイン100円の時に販売所で100コイン買うと10,400円
  • 価格上昇で1コイン110円になったときに販売所で売ると10,560円
  • なんと本来の儲けは1000円のはずなのに、儲けがたったの160円です

経験的には、大凡10%程の価格上昇になって初めて利益がでる感じです。恥ずかしながらこのからくりに気がつくのに3ヶ月もかかりました。それからは主戦場をbitbankに移して板を通じて取引所でトレードするようになりました。はじめはドキドキでしたが、自分が売買したい価格を指定できる指値をうまく活用して利益を伸ばすことができるようになってきました。

なんといっても、スプレッド(売買価格差)なし、手数料無料でアルトコインの売買ができるのがbitbankの最大の強みでしょう。

③業界随一のセキュリティーの高さ

加えてセキュリティの高さも業界随一と言って過言ではなく、顧客資産は全てコールドウォレットで管理されています。全てと言い切っている取引所はなかなかありませんし、coincheckでNEM盗難があった際にも、いち早くコールドウォレットとマルチシグの運用体制に関するメールが来たのもbitbankでした。個人的には最も安心感がある取引所です。

運営会社の概要

社名 ビットバンク株式会社
設立年月 2014年5月
資本金 11億3100円(資本準備金含む)
本社所在地 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル7F

取り扱い仮想通貨

bitbankには販売所はなく取引所しかありません。取引所と販売所の違いはこちらで確認してください

取扱通貨の特徴は、coincheckに次ぐメジャーアルトコインの品揃えという点です。法整備が進む中でアルトコインの上場はなかなか難しい面もあるでしょうか、私としてはbitFlyerと競い合っていただいて、今後も魅力的なアルトコインが上場してくれることを期待しています。

取引所 販売所
BTC, LTC, XRP, ETH, MONA, BCH

各種手数料

bitbankは今のところ全ペアの取引手数料が無料です。スプレッド(売買価格差)もないのにどこで設けているのか不思議で仕方ありませんが、ビットコインFXができるbitbank Tradeの方で儲けを出していると推測しています。
bitbank.ccの手数料は公式サイトのキャンペーンページの情報をもとに作成しています。
bitbank Tradeの手数料はこちらの情報をもとに作成しています。

仮想通貨の取引手数料

ここではbitbank.ccの方のみを扱います。bitbank Tradeについては別の機会にまとめます。
※表が横に長いのでスマホの場合は横にして見てください。

bitbank.cc
取引所
bitbank Trade
現物取引 FX/先物取引
新規建玉 0.01%
決済 0%
キャピタルゲインフィー 利益の0.2%
スワップ手数料 /日 0
通貨ペア
主要通貨 指値/成行
BTC/USD 0%
BTC/JPY
XRP/JPY
LTC/BTC
ETH/BTC
MONA/JPY
MONA/BTC
BCC/JPY
BCC/BTC
0%

レバレッジと追証

FX最大の特長と言えばレバレッジです。レバレッジとは、取引保証金を担保として実際にあるお金の何倍もの金額で取引を行うものです。したがって勝てば大きな利益を得ることができますし、負ければ大きな損失を出すことになります。ここで重要なのが利確のタイミングとロスカットのタイミングです。これは別の機会にまとめるとして、もう一つ重要なのが追証の有無です。海外の外貨取引所では利用者保護の観点から追証なしの場合が多いですが、仮想通貨の世界ではまだまだ追証ありの取引所も多いのが現状です。ちなみにbitbank Tradeは安心の追証なしです。補足をしておくとbitbank.ccはアルトコインの取引所でFXはありません。

最大レバレッジ 追証の有無 ロスカット
20倍 なし 証拠金の20%

追証(追加証拠金)についての説明

信用で買建てた銘柄の値下がり、または、売建てた銘柄の値上がりによって出る建玉の含み損や、担保の値下がりによる担保価値の低下などにより、担保(保証金)率が一定の比率(最低維持率)を下回った場合、定められた期日までに追加で担保(保証金)を預け入れる必要があります。 これが追加保証金、いわゆる「追証」です。

日本円の入出金手数料

日本円入金
銀行振込 顧客負担
出金
日本円の銀行振込 3万円未満の入金 540円
3万円以上の入金 756円
BTC送金手数料/出金 0.001BTC

セキュリティ

公式サイトの情報読み取れる範囲内でセキュリティー対策の一覧表を作ってみました。明確な記載がなかったりしていて正確に読み取ることは困難もあり、必ずしも下記一覧表が正しい情報ではない可能性もありますことをご了承ください。

顧客資産
分離管理
コールド
ウォレット率
マルチシグ 2段階認証 情報源
完全分離 o
(100%)
o
(XRP,ETH以外)
o 情報源

なおbitbank.ccからは以下のようなメールの案内が届いていて、顧客資産は100%コールドウォレットであると明記されていて安心感があります。

平素はビットバンクをご利用いただきありがとうございます。

現在、ホットウォレット内の資産比率について、顧客資産がどの程度含まれているのかというお問合わせを多く頂いております。

弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用となっております。
本件に関しても、金融庁への報告を既に行っております。

当社は、お客様に安心してご利用いただくため、引き続き内部監視を含むセキュリティ強化に務めて参ります。

今後ともビットバンクをよろしくお願い致します。

メリット・デメリット

おもにメリットとファクトを中心に書いてきましたが、普段使ってきて感じているこを踏まえて、bitbank.ccのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • XRPやBCHなどのメジャーアルトコインの取引手数料が無料(キャンペーン中)
  • すべての通貨が取引所でスプレッド(売買価格差)がない
  • 業界随一のセキュリティーの高さ
  • 取引画面がシンプルでわかりやすい
  • bitbank Tradeの方も最大レバレッジが高い割に追証がない

デメリット

  • 正直bitbank.ccのデメリットはほとんど思い浮かびません。
  • あえて言えば業界最大手のbitFlyerやcoincheckと比較すると人が少ないため取引が成立しづらい

 

 

おすすめの取引所ランキング

ビットコインの取引手数料が驚きのマイナスはZaifだけ!

Zaifでビットコインを取引すると、手数料がかかるどころかビットコインが逆に貰えちゃいます。マイナス手数料はどこ探してもZaifだけ。登録して損はないでしょう。


世界最高峰と言われる本格的なFXトレードツールMT4が無料で使える!

世界最高峰のFXトレードツールを使ってビットコインやリップルのチャート分析が可能。エキスパートアドバイザー使って自動売買のプログラミングにチャレンジしてみよう!

仮想通貨

アルトコイン含め全ペアの取引手数料が無料なのはbitbankだけ!

XRP、ETH、BCHなどのメジャーアルトコインの取引手数料が無料、顧客資産は100%コールドウォレット管理と業界随一のセキュリティーの高さが売りのbitbank。安心感が違います。